ほんの一ヶ月前のことなのに、怒涛の出来事の連続で
もう忘れてしまいそうなので、大急ぎで
描き留めたいと思います。

パンデミック1_出力_001
グランドプリンセス号の話が一段落し、日本の学校が休校になり始めた頃ですね。

NYで感染者が出たとアメリカ国内のニュースが出始めましたが
LAはNYからむっちゃ遠いですし、車社会過ぎて
コロナもそう簡単には広がらないんじゃないかなと思ってました。
(LAはNYと違い、満員電車どころか駅が殆ど無い)



パンデミック1_出力_002
(*ウィルスはともかく、娘がいたのですぐ帰りました)

この映画は結局コロナが直撃し、劇場公開日にネット直行という賭けに出ます。
時間があったら描きます・・・。

母国のニュースを聞いて、早くから危機感を持っている人はいても
LA周辺では数人しか感染者が出てない事もあり、警戒してもしょうがない感がありました。

パンデミック1_出力_003


(トム・ハンクスは目を細めて5mくらい離れて見てくださいソックリです!)
サンフランシスコの方で緊急事態宣言、シリコンバレーで在宅ワークが始まり、
LAもこの週は山場だな、学校が閉まるか在宅ワークが始まるか?とドキドキしつつ、
まだ数人しか患者が出てないのに大袈裟すぎるとも思ってました。
サンフランシスコとLAは同じカリフォルニアではありますが、飛行機の距離でかなり遠いんですよね。

しかしトム・ハンクスは驚きました。一気に空気が変わった気がします。
翌日の会社の慌てふためいたような決定。

「月曜から」ではなく「木曜の昼過ぎから」とした事に
物凄い緊迫感を感じたし、今にして思うとこの決定が早かったから
LAはかなり感染を抑えられたのだと感じます。


パンデミック1_出力_004


とにかくさっさと続きを描いて今日の時点まで持っていきたいです・・・。